czech english japanese

CTUプラハの実験室におけるバンパー剛性測定

バンパーは我々が設定した寸法と剛性特性に従って作成されます。 試験はCTU実験室に新しく設置された島津測定装置によって行われた。 実際の測定はdoc. Ing. Michal Jandera, Ph.D.によるデータ分析と実装クレーン4のクレーン設計システムはng. Josef Musilek, Ph.D. and Ing. David Adamec.によって実行されました。

当社の目的は、経済的であり、同時に適用可能な技術基準および規制に準拠するクレーン構造を設計することです。 したがって、主意は、構造の実際の静的動作を極限状態で最もよく反映する静的計算を改良することです。 この目的のために、バンパーの剛性特性をこのように測定しました。これは、さらなる開発とともに、構造の静的設計の最適化に役立ちます。

CTUプラハの実験室におけるバンパー剛性測定